最新記事
カテゴリ
リンク
ヘッドライン


Powered by Ayapon RSS! オススメ ホームページ制作 ウェブデザイン


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
学習された無力感
592 名前:名前は誰も知らない[] 投稿日:2008/10/18(土) 11:36:27 ID:5yG8oKVy0

「学習された無力感」というのがある。

『犬を縛り付けておいて、電気ショックを与え続ける。最初のうち犬は必死でもがくが、縛られている為に
電気ショックから逃れる事が出来ない。これを数週間続けるうちに犬は「自分は無能で何をやってもムダだ」という感覚が植え付けられ、
そのうち 電気ショックを受けてももがかなくなり、ひたすら衝撃をガマンするだけになった』

これを心理学では「学習された無力感」と言う。
『極度の無気力状態に陥った事が確認された後、セリグマンは犬の縄をほどいて逃げられるようにしてやったが、それでも犬は黙って
電気ショックを与えられるがままで、逃げだそうとはしなかった。努力をムダだと信じ込んでしまった為「逃げる」という
選択肢を失ってしまった。そしてセリグマンは、犬を抱き上げたり押したりして、電気ショックを受けない所まで
動かしてやり「逃げれば助かる」という事を再度学習させた後、再び元の場所に戻し電気ショックを与えた。
犬は逃げれば痛くないと判ったはずなのに、やはり動こうとはしなかった。
一度無気力状態になった犬は、「さっき痛くなかったのは誰かが助けてくれたせいで、自分では何も出来ない」と信じていたのだ』
スポンサーサイト


逸話、役立ち | 【2008-11-08(Sat) 00:39:25】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
通知
【記事紹介ありがとうございます!】 情報屋さん。様、 カナ速様、 New discovery様、 俺的ニュースの盛りw様、 R45ブログ様、 と、とごたん様、 あみみ様、 ADON-K@ソフト館様 他、いろんなサイト様
全記事(数)表示
全タイトルを表示
お世話になっております
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
あわせて読みたいブログパーツ
検索フォーム
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。